FC2ブログ
今夜はクリスマスイヴ。
そんなわけでクリスマス絵本をさらに2冊.....


[とのさまサンタ]作: 本田 カヨ子絵: 長野 ヒデ子

遊びが大好きなお殿様。

DSCccN7983.jpg
ある日、外国のお客様からクリスマスの絵本をもらっちゃった。クリスマスって何!?

DtbSCN7984.jpg
クリスマスにはサンタさんがやってきてプレゼントをくれる!!
ここは殿様の時代の日本。靴下はないので、大きな足袋を作って並べていよいよクリスマスイブ!!(実は違うんですが....)
気になった殿様は夜中にお城を徘徊します。すると.....

DSstCN7985.jpg
「サンタさんじゃ!!!」(違.....)

はっちゃけてて楽しい絵本でした。最後はサンタさんが来ないから自分がサンタさんになっちゃう!

しかしまぁ、唐草模様のサンタさんって素敵ですな。

DSCsvvN7988.jpg
サンタさんって本来こういう人。
で、この赤い服に白いヒゲ、ぽっちゃりしたサンタさん。

このイメージはクレメント・ムーアという方が作ったものなんだそうです。おおよそ200年前に発表された「The night before christmas」という詩。ここに皆さんが知っているサンタさんやトナカイのイメージが登場するのが最初だと言われているそうです。(原文はこちら

そんなクレメント・ムーアさんの詩をもとにした絵本があります。

DSCNstg7986.jpg
「サンタクロースとあったよる」詩: クレメント・クラーク・ムーア 絵: ホリー・ホビー 訳: 二宮 由紀子

実に美しいクリスマスの様子が描かれています。大人がじっくり見ても気持ちよくなれる。玄関に飾っても美しい絵本でした。

この「The night before christmas」を基にした絵本は他にもいくつもあって、絵の雰囲気も和訳も少しずつ違うので読み比べても面白いだろうと思います。(詳しく書いてくださってるももちん様のブログはこちら

それでは皆様、メリークリスマス!!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

青森は、うっすらとホワイトクリスマスです。
2019.12.24 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

「サン・サン・サンタ ひみつきち」 かこさとし(新装版)

もうすぐクリスマスですね~~
ってことで、サンタ絵本を二冊。

一冊目はかこさとし先生の絵本です。
だるまちゃんシリーズとかカラスのパン屋さんなど数多くの絵本を遺されたかこさとし先生。
何と、クリスマスの絵本は一冊した書かれていなかったそうで、その一冊が今年、新装版で復刊しました。今、本屋さんに平積みされたりしてるので、見たことある方も多いのでは?
1986年の絵本ですが、サンタですからね。古さは全く感じません。

世界中の子供たちにプレゼントを贈るサンタさん。あれだけのプレゼント、一体どうしてるんだろう?材料は??
そんな疑問に答えてくれる感じです。

最初はサンタ絵本らしくないんですよ。北極が出てきて、氷の下に誰も知らない大きな工場が!!

KIMsanG1325.jpg
秘密の工場には世界中から割れたコップ、壊れた机、穴のあいた靴やつぶれたお鍋などが送られてきます。そして、それらが新しいおもちゃとして生まれ変わるのです!!

そして、サンタさんは北極から「それぞれ(大勢いるのです!!)」ロケットに乗って飛び立っていくのでした^^;;;

さて、もう一冊。

KIMpreG1459.jpg
「プレゼントはなぁに?」高畠純

動物たちへプレゼントを配るサンタの役目は、ペンギンと雪だるま。作るのはペンギン。配るのは雪だるまの仕事のようです。
表紙の絵は、プレゼントを配る前、雪だるまさんにペンギンさんが今年のプレゼントを説明している様子....

KImmMG1460.jpg
象さんは大きくていっつも人を乗せているけど自分はだれにも乗れない。だから、象さんには象さんが乗れる木馬をプレゼントするんだ。

わにさん、フラミンゴさん、シマウマさん、キリンさん、ライオンさん...ペンギンさんはみんなのプレゼントを一生懸命考えたんだな~って伝わってきます。誰かのためのプレゼントを選ぶ。その作業の幸せ感をたっぷりと感じられます。

だけど、ペンギンさんには?

KIpeMG1461.jpg
「ところでペンギン。実は僕から君にプレゼントがあるんだ」
ゆきだるまさんはペンギンにプレゼントをあげます。その中身がとってもとっても素敵!!

クリスマスの夜。ほっこりできる絵本でした。

それでは皆様、メリークリスマス!!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.12.18 Wed l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
すっかり更新さぼり....りんごの季節にと思っていた絵本の紹介が既に雪の季節に....
でもね!でもね!!うち、明日がリンゴの季節到来なんです。毎年お世話になっている大鰐の農家さんちに、明日、買い付けに行く予定なの!!

ってことで、リンゴの絵本を二冊^^


「りんごがドスーン」作・絵: 多田 ヒロシ

KIMG1ap449.jpg
おおきなおおきなりんごが....ドズーン!

KIMapG1451.jpg
もぐらさんが、うさぎさんが、タヌキさんが、クマさんが...[.むしゃむしゃおーうまい」。
みんなで大きなりんごをおいしそうにシェアします。そして雨が降ってきて.....

この絵本見てるとリンゴが食べたくなります(笑
それもおっきーーーーのがいいな!

KappIMG1452.jpg
「りんごころころ」作: 松谷 みよ子 絵: とよた かずひこ
絵はとよたかずひこ先生なのですが、文章は松谷先生っていう珍しい組み合わせ。こんな巨匠お二人がタッグ組むことがあるんですね。いや、松谷先生は他界されてるので、「あった」と言うべきか。凄く貴重な気がします。

KIdaMG1453.jpg
はなこちゃんがのはらをあるいていたら、エーンエーンと泣き声がした。大きなりんごの木が…!
「誰も取ってくれない。誰も食べてくれない。」
と。とっても重そうです。

はなこちゃんがリンゴを取ってあげると、みんな「私を食べて!」「私を食べて!」と転がっていきます。

KIMGda1454.jpg

aKIMG1455.jpg
上の絵、よく見るとアップルパイになったり、ジュースになったり。そうそう、離乳食もまず果物ってリンゴからなんですよね。懐かしいな~~

こんなお話もしてあげるといいんでしょうね。

DSsaCF6604.jpg
明日お邪魔する予定のリンゴ園。今頃は雪に埋もれてるんだろうな~~

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.12.12 Thu l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
KcIMG1456.jpg
今週の土曜日、六ケ所村図書館で15:45から一泊二日でぬいぐるみお泊り会が開催されます。

え?何それ?って?

最近はやりなんですよ、詳しくはこちらにありますが、要はお気に入りのぬいぐるみと一緒に絵本の読み聞かせ会に参加して、ぬいぐるみだけお泊りさせるんです!
翌日にはお迎えに行って、ぬいぐるみが一夜を過ごした様子を印刷したお土産をもらいます。

昔、三沢の図書館で開催された時に坊主君を連れていったのですが、かなり面白い企画で、本人も大喜びでした!
この時頂いたプリントは今も我が家の壁を飾ってくれています^^

まだ空きがあるようですので、是非、六ケ所図書館にお問い合わせください。

お勧めですよ!!

珍しく告知記事でした^^
ネタはいっぱいあるので、そのうち久しぶりに更新しますね~
2019.12.10 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

「うえきばちです」川端誠

ナンセンス絵本の決定版です。読み聞かせの導入にぴったりっていうか、盛り上がりすぎ注意。

IMG_0fe473.jpg
うえきばちがあったので、のっぺらぼうを植えました。

もう、意味が分かりません(笑)なんだ、のっぺらぼうを植えるって(笑

IMG_me0474.jpg
「め」が出ました。

この後、「は」が出て「はな」が咲いて......

さて、次(笑

IMG_04ky78.jpg
「やさいのがっこう キャベツくん おはなになる?」 なかや みわ

(私が)大好きな、なかやみわ先生の野菜の学校シリーズ。既に、このシリーズも四冊目ですね。トマトピーマントウモロコシときて、キャベツくんです。

IMfG_0479.jpg
キャベツくんは本が大好き。頭の中には知識がいっぱい詰まってぎっしり。対してピーマンくんは頭が軽いので心配になります。「ピーマンくんはそれでいいんだよ」。ですって。この設定、面白いですよね。

しかし、そんな大好きな本の知識がキャベツくんを恐怖に陥れます。

IMG_04touda80.jpg
キャベツくんってお花なの!!??

とうだちってやつですね。
絵本では収穫遅れが原因とかキャベツくんは冬キャベツだから大丈夫なんて説明がありますが、播種後の生育過程で低温に曝されると起きる分化で、青森なんかでは春に野菜を植えるとやられることが多いです。うちでもキャベツは経験ないけど、白菜やダイコンは花を咲かせてしまったことがあります。温度管理は大事ですね。

さて、絵本ではそこまで詳しくはないのですが、いろんな野菜でも花が咲くことがあること、それぞれの野菜にはそれぞれの特徴があることなどがさらっと書かれています。子供たちが野菜に興味をもつきっかけにもいいですね!

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.11.07 Thu l 絵本 l コメント (3) トラックバック (0) l top
10月はハロウィンです!
三沢では先週末にハロウィン祭りを開催してましたが、雨でパレードは中止となってしまいました。
世間では今週末にイベントのところが多いのではないでしょうか?
というわけで、我が家でハロウィンの定番となっている絵本です。


「しゃっくりがいこつ」作: マージェリー・カイラー 絵: S.D. シンドラー 訳: 黒宮 純子

どこかで見たことある絵だなと思ったら、昨年紹介したハロウィン絵本の作家さんと同じ方でした。お化けの絵が得意なのかな?

DsSCN7909.jpg
主役ががいこつさんなんです。で、表紙からず~~っとしゃっくりが止まりません。ハロウィンなんでかぼちゃをくり抜いてジャックオランタンを作ってますが、止まりません。

途中から友達のお化けも登場。

DSCNdd7910.jpg
お化けもしゃっくりを止めるべく、脅かしたり水を進めたり色々教えてくれるんですが、止まりません。ってかなんだこの絵(笑

最後はびっくりの方法でしゃっくりを止めます!!っていうか、しゃっくりががいこつさんから離れていく感じになるんですが、その辺はお楽しみ。

ちょっぴり不気味だけどちょっぴりかわいい。そんながいこつさんのハロウィンをお楽しみください^^

それでは、ハッピーハロウィ~~~ン!

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.10.24 Thu l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今月は季節もののお話があるので、一冊ずつでも紹介したい。
今月が過ぎると、「来年のネタにどうぞ」になってしまうから。

そうならないように....頑張る。自信ないけど(笑

ってことで、まずは明後日に向けて。


「おつきさま ひとつずつ」 長野 ヒデ子

KIcfMG1327.jpg
お母さんと一緒に帰るあこちゃん。まんまるな満月を見ながら、歌を歌います。

そしてふと思います。

lltukimi.jpg
「ベトナムにもお月様、あるかなぁ」

もちろんあります!
アメリカにも、アフリカにも!!

みんなに一つずつお月様。

「おつきさまがみーんなにひとつずつあって、よかったね」

まんまるで綺麗なお月様。家族揃ってお月見がしたいですよね。
お月見はもう終わったって?違うんですよ。

中秋の名月(旧暦八月十五日)のほかに、もう一つの名月・九月十三夜の月というのがあります。「後の月」なんて呼び方もしますね。
中秋の名月を芋名月というのに対し、十三夜の月は豆名月あるいは栗名月なんて呼ぶのだそうですよ。
これが今年は10/11。そう、明後日なのです。

てことで、お月見の絵本でした。

......は!!!!

この絵本、満月だけど、十三夜ってくらいで満月じゃないんだけど(笑
しかも台風接近中。

見られるかなぁ.....

ではまた~~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.10.09 Wed l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
あれ~.....
9月も1記事か......

ま、いいや(笑


さて、301冊目。

「ケチャップマン」鈴木 のりたけ

もうね.....表紙からシュール過ぎて笑っちゃいました。
鈴木のりたけ先生のデビュー作なんだそうですが、これがですね。

KddIMG1322.jpg
彼、ケチャップなんですけど、悩んでます。
普通の人間と一緒に働こうと、自分にしかできない何かを探して毎日悩むケチャップマン。

ある日、ポテトフライ専門店に「ケチャップどうですかね」って売り込みに行くのですが、なぜか普通にアルバイトとして採用されます。
そして、店長の厳しい指導の下、ポテトを揚げる日々。

そこへ.....

KItomatoMG1323.jpg
お客さんとしてやってきた「トメイト博士」。彼が「ケチャップをくれ」っていうんですね。
自分の仕事を褒められたわけでもないので、少し微妙な感じもしながら、店長に従ってトメイト博士にケチャップを差し出します。
すると、とっても気に入ってくれた。そして毎日トメイト博士がケチャップを買いに来ます。そして......

とってもシュールでちょっと怖い(笑
何が起こったのかは、ぜひ、ご自身で確認してほしいと思います。

どっちかっていうと....大人向けかなぁ。
小学生なら高学年からかな?
何しろ、ちょっとシュール過ぎて(笑

ではまた~~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.10.03 Thu l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
油断してたら300冊目.....

は!

目次できてない.....(苦笑

ま、いいや!


「ちょっとまって」 作: 岸田今日子 絵: 佐野 洋子

KIMsimG1269.jpg
お誕生日のお祝いをするので、人間の「まゆさん」にお使いを頼まれたネズミのシムくん。
忘れん坊のシム君にお母さんは毛糸を結んであげます。

「とちゅうで忘れないように リボンを結んでおいてあげる。お誕生日の”お”はオレンジ色の”お”」

ところが、動物たち(たんぽぽも)はみんなまゆさんにお願いがある。まゆさんのおうちに行くまでにたくさんの友達に「伝えて!」とお願いをされます。「ミミズのミは緑色のミ」「迷子のまは真っ赤のま」

気が付けばシムくんの体はカラフルな毛糸で縞々に(笑
そうなるともう.....ねぇ(笑

KIMrastG1270.jpg
実はこのシム君とまゆさん。
岸田今日子先生の御嬢さんが「まゆさん」で、幼稚園のころ、縞もようのぬいぐるみをかわいがっていたのだそうです。
「シマネズミになぜ縞ができたか」という母が娘さんに作って聞かせた物話は、まゆさんの大のお気に入りだったそうです。

そして、今は幼稚園の先生になったまゆさん。子供たちにこの絵本を読み聞かせてあげることもあるのでしょうね。

ではまた~~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.09.13 Fri l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
前回の更新時に「青森は今日から夏休みで~す」って書いてたのですが、もうすでに青森は二学期がスタートしています。。。。(苦笑
今年は夏休みらしいこと少なかったな~って思うのですが、それなりに出かけたりはしたので、まぁいいかな。


お出かけした中の一つに「津軽こけし館」って場所があります。
黒石市にあるのですが、東北各地のこけし工人さんによる作品4,000本が展示されているすごい場所。かわいいこけしの販売もされてますから、お近くにお越しの際はぜひどうぞ。写真は日本一のジャンボこけし。これだけでも見応えがありますよ!

で、せっかくこけしをたくさん見ましたので、こんな絵本を読んでみました。

DSCN7koke285.jpg
「どこどこ こけし」山田マチ 作 花山かずみ 絵

2019年3月に発売になったばかりの新刊です。

DSCkokeN7286.jpg
棚の上のこけし。この子が行方不明になります。「どこどこ? こけし」。

DSCkokeN7287.jpg
「あっ」

何故そんな場所に.....(笑

「金魚が逃げた」とか「うずらくんのかくれんぼ」と同様に、小さい子が探して楽しめる絵本なんですが.....
隠れ方が良い意味で意味わかんない(笑)
そして隅々まで細かく描かれているので、じっくり描写を見て楽しむことができます。小学生でも普通に楽しめちゃいますよ。大人でも楽しいですから。

さて、もう一冊。

夏休みの初日に、岩手県滝沢市の「滝沢森林公園」って場所に遊びに行ったんですね。野生の鳥を見て、自然散策を先生に連れて行っていただいて.....
そこの森には国鳥の「オオムラサキ」がいるのです。残念ながら私たちは会えませんでしたが、子供たちはそれだけで大興奮ですから。

そんなわけで、オオムラサキの絵本。

DSCN72kiri83.jpg
丘のうえのいっぽんの木に」今森光彦
これも2019年7月に出たばかりの新刊です。

作者の今村光彦さんは、絵本作家ではなく、世界をまたにかける主に昆虫写真家さん。そして、もう一つの顔として、切り絵作家さんです。

DSCNkirie7284.jpg
この絵本(切り絵本)では、黒い紙だけで一本のエノキの木に住むたくさんの生き物たちを描いています。主役は、春に動き出した、オオムラサキの幼虫です。

敵から逃げ、さなぎになって蝶になって.....

巻末にはオオムラサキの写真と解説が出ていますよ!

ではまた~~~(一か月後?(笑))

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2019.08.27 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top