FC2ブログ
貯まってるのでガンガン紹介。
だって、さっきも絵本借りてきましたもの.....^^;

DSCF0542.jpg
「ふとんやまトンネル」作: 那須 正幹 絵: 長野 ヒデ子
ある夜、眠れないケンちゃんはふとんやまに潜り込みます。すぐに向こうに抜けるはずのトンネルが何故かと~~~~っても長く、潜り抜けたその先には巨大なふとん山が!!!
ふとんのトンネルぬ向こうに世界が広がっている。子供達のイマジネーションにびっくりです。

子供達、ふとんに潜るの大好きですよね!!そんな事したらお母さんに怒られるのわかり切ってるのにね~~(笑

DSCF0506.jpg
「ピンク、ぺっこん」村上 康成
ひれがピンクのやまめのピンク。見たことあるなーーーって思ったら、シリーズものなのですね。知りませんでした(恥
かわいらしいヤマメたち、暖かなタッチで描かれる美しい渓流の世界。弱肉強食の厳しさがサラリと描かれています。釣り人にまで釣られちゃったりして....
こう言う絵本、大好き。言葉は少な目ですが、感性にズンズンうったえて来るものがあります。子供達もきっと何かを感じると思いますよ。


DSCF0106.jpg
「うんてんするのはだあれ?」 作・絵: レオ・ティマース 訳: ひしき あきらこ
はい、乗り物系絵本。それも外人。
外国人の絵ってパパはあまり好きじゃない(笑)でも、子供達には関係ないので、たまには借りてくるのです。
消防車や高級車、レーシングカーにトラクター、たくさんの車達。そして、その前にいる動物たちは車のカギを持っています。「うんてんするのはだあれ?」
ヒントは動物たちの「服装」。
色んな職業、色んな車。そしてその制服!こういうのは、坊主君向けでとっても楽しい♪

ではまた~~~
スポンサーサイト



2015.05.28 Thu l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どんどん記事書かないと溜まって行く一方です。。。。。
既に写真だけ撮ったけど図書館に返したって絵本が20冊くらいあります。そして、明日にはまた坊主くんが絵本を持って帰ってくるはすで....^^;

って事で三冊紹介。


「一ねんせいになったら」  かべやふよう (イラスト), まど・みちお (その他)
ご存じ、「一年生になったら」です。まど・みちおさんの例の歌詞にイラストをつけてあります。
いや~~もう、この二人、天才って言うか、鬼才って言うか。まど・みちおさんの方は、「ぞうさん」や「ふしぎなポケット」などの作詞者としても知られてますね。まさに天才。 かべやふようさんの方もど迫力の画風で知られる方です。もう何か、この絵本、凄い!としかいいようがない。「一年生って凄いんだ!!」って気になれる一冊です。

DSCF0512.jpg
「くもりがらすのむこうには」作: あまん きみこ 絵: 黒井 健
春なのに雪の降った日。曇りガラスを指てくいくいっとこすると、向こうに雪景色。おや?その中に寒そうな女の子が二人いますよ。
彼女たちを家に迎え入れると、彼女たちもくもりがらすをくいくいっ。すると、向こうに暖かな春の景色が広がります!!
不思議で暖かい。春を迎える季節に読みたい一冊ですね。

DSCF0503.jpg
「おきにいり」作・絵: 田中 清代
「お気に入り」って何が?って言うと、この魚の「着ぐるみ」(笑
そもそも論として、魚の着ぐるみってどうなのよ!(笑)そりゃあみんなびっくりしますよね!ね!ね!
そして雨が降って来て濡れて重くなってどうしよう.....
このシュールな感じの中にある暖かさ。不思議なこの絵本は私のお気に入りです。

ではまた~~
2015.05.26 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
土曜日は坊主君の幼稚園で「おやこふれあい読書会」でした。月に一度、土曜日を利用して親子で参加します。参観では出来ないような親子体操なんかを絵本の読み聞かせと同時にやっちゃってくれます。これが大好き!
全園児120名弱いるのに参加は20家族くらい。こんなに楽しいのになんでだろ??

0_20150518095419550.jpg
この日は三冊読んで頂きました。最後は定番、「ぞうくんのさんぽ」

さぁ、お散歩の絵本読んだから、散歩に行こう!!

1_20150518095640f04.jpg
幼稚園から10分も歩けばこの景色。野生のリスもでます。この子達、良い環境で育ってるなぁ....

さて、今日は幼稚園で借りてきた絵本です。
DSCF0497.jpg
毎日一冊。絵本を借りて帰ってきます。それだけでも年間150冊くらいは読む計算です。
前日は「ふね」を借りて来ましたが、金曜日は「とらっく」作・絵: バイロン・バートン 訳: こじま まもる
「どうろです」で始まり、色んなトラックが道路を走ります。そして道路で働きます。
文字は殆どなく、絵で見て楽しむ。「あ!!高所作業車だ!!」「ゴミ収集車だ!!!」こうやって気軽に絵本を見ながら、「働く人」を車から想像するのかなぁ。

次の二冊は『読書会』で借りた絵本。子供一人に一冊。この日は小姫と坊主君で出かけたので、二冊借りました。
DSCF0498.jpg
「しゅっぱつしんこう」作・絵: 山本 忠敬
何回目だろう....この絵本(笑
何度よんでも楽しいのです、何しろ小鉄ですから。

DSCF0499.jpg
最初に登場する鉄道は「はつかり」 旧国鉄の485系300番台です。今は新幹線でびゅ~~んですが、特急から乗り換え乗り換えで出かける鉄道の旅。楽しそうですよね。絵本では風景も細かいので、じっくり見せてあげて下さい。並行する東北新幹線200系の姿もありますよ。

DSCF0500.jpg
そして細かい描写と言えばの「14ひき」
この日は「14ひきのあさごはん」(いわむらかずお)を借りてきました。いわむら先生の絵本は動物の表情がかわいらしくて、どのページにも隠れキャラのように登場する生き物たちがリアルで楽しいです。
優しく響く文章と、生き物たちの息遣いが感じられる一冊。我が家では定期的にいわむらかずおさんの絵本を読みます。何度でも。(^^

ではまた~~

2015.05.18 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今週は日本が暑かったみたいですが、青森も妙に暑かったです。
そして今日は雨で10℃しか上がってません。でもこれが正しい気温だと思う三沢市であります。

さて.....
DSCF0079.jpg
「ころわん どっきどき」黒井健
好きです、黒井健さん。黒井健さんと言うと、有名どころは「ごんぎつね」ですよね。でも、実は多彩な方、って言うか、実に様々なタッチの絵が描ける不思議な人です。見る人が見ればわかるのかもですが、私なんかは「本当に同一人物の絵?」と疑っちゃうほど。そんな中、我が家が好きなのは「ころわん」のシリーズ。我が家の蔵書にもあるんですが、今回は図書館で借りてきた「どっきどき」。
子犬たちが歩いていると、人間のお手伝いをカッコよくこなしている大人の犬たちに出会います。そんなカッコいい犬たちを見て、「どっきどき」しちゃうころわん達!大人になりたい、自分たちにも出来る事、そんな思いを子供達はもってるのかなぁ?きっとカッコよくスマートに仕事をこなす大人は彼らにとってヒーローなんでしょうね!
だけど、一生懸命な子犬たちだって実はとってもかっこいい。そんな絵本です。ころわんの活躍に、読んでるこちらもドッキドキ!

img_4.jpg
ちなみに我が家にはころわんのぬいぐるみがいます。これ、ちゃんとした黒井健さんのオフィシャルグッズなんですけど....似てない(w
ころわんって、あのちょっと不細工な感じが良いのに(笑

さて、次。
DSCF0107.jpg
「チリとチリリ はらっぱのおはなし」どい かや
ちりとちりり。
ずっと前に小姫が幼稚園で借りてきました、チりとチリリ。シリーズがあったんですね。今回はキラキラのはらっぱの旅です。
何とも不思議でかわいらしい、不思議な絵本。雰囲気を楽しむ感じですね。ちりちりり....ちりちりり....

DSCF0108.jpg
「どうぶつしんちょうそくてい」文: 聞かせ屋。けいたろう 絵: 高畠 純
一番上の姫は今年小3。昨年度から「長さ」の単位を勉強してます。だから、この絵本は姫向きのつもりで借りて来ました。きりんさんは何cm?うさぎさんは耳をピン!と伸ばして....
長さがわかると面白い。わからなくても構いませんよ!!この絵の動物たちのユーモラスな雰囲気を是非楽しんで欲しいです。

さて...今週も忙しかったな~~~

ではまた~~~

2015.05.15 Fri l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
忙しい....皆様、お久しぶりです。(なぁんて誰も見てないけど(笑))

GWは普通にカレンダー通りでしたけど、その後が忙し過ぎて....なかなかアップできずにおります。帰宅遅かったから、最近はあんまり絵本読んであげられてないなぁ。相方が読んであげてるんですけどね。

さて、そんな中読んでた最近の絵本。^^

DSCF0084.jpg
「ひよこのかずはかぞえるな」 イングリ・ドーレア  エドガー・パーリン・ ドーレア
ドーレア夫妻?なんですかね、作者。外人の名前はよくわかりません。兄妹かもですけど。
さて、絵本の中身なんですが....
主人公のおばさんはめんどりを飼っています。で、めんどりは卵を産みます。36個集めた卵を町に売りに行きます。
その途中で、「この卵を売ったお金でめんどりを買うでしょ~。そしたら卵産むでしょ~。」なんて皮算用を始めたら、いつの間にか大牧場主になって、逆玉の輿を狙って求婚されて...なんて壮大な夢に(笑
最後はクスっとさせられて、それでいて、おばさんの人柄の暖かさも伝わります。う~~ん、アメリカンドリーム。

ただね~~。おばさんが数えたのは「卵」。
小3の娘が「これ....たまごのかずはかぞえるなじゃん」と終わって一言(笑

次(汗

DSCF0081.jpg
「おほしさま、きえちゃった」ハンナ・カミング 作 今井なぎさ 訳
町はビルや車の灯りがいっぱいで星が見えません。今夜も一生懸命ぴかぴか光っているお星さまも、誰も見てくれないので嫌になっちゃって、バカンスに行っちゃった!!子供達はお星さまを探して旅に出ます。そして見つけたお星さま!!
子供達にとって、お星さまってお空に光ってるはずのものですよね。読んでいて、「青森で良かった」って思いました。
子供達は暗くなったら外に出ることはあまりありませんが、それでもちょっと買い物に出かけたり、お出かけしたりで遅くなる事はある。その時に「お星さま~」「お月様~」と空を見る。そんな感じがいいですよね。^^ ここ、青森は星が綺麗です!

そしてもう一つ。思い出したのが「マクロスゼロ・第二話 地上の星」
サラノームをわかってくれるお父さんだけわかってくれれば、それでいい(笑

DSCF0083_2015051110553006b.jpg
「トイレこちゃん」 あさの ますみ (著), 有田 奈央 (イラスト)
発想が凄い(笑
おもちゃ屋さんの女子トイレのマーク、「トイレこちゃん」が「つまんない!」と飛び出して遊び出す。そんなお話。
トイレのマークって子育て中の親にとってはとっても重要。お店行ったら探しますよね~。オムツかえシートの有無も重要(笑
それでいて、子供達でも探せる、かわいらしい絵(マーク)で一目でわかる、まさにユニバーサルデザインって奴ですな。
そんなマークのトイレこちゃんが動き出してお友達になったら....

そう言えば、昨日、図書館で小姫が突然「トイレ!」って言い出しましてね....
三沢の図書館、全部「和式」なんです。一年生の小姫、いつになったら一人で和式トイレに行けるのでしょうか......

その前に、年少児の坊主くんのおむつはいつ外れるの??みんなしっかりしてよ~~。

って事で、また昨日、12冊も借りてきました。^^
じっくり読んで、一部をアップしま~~す。

ではまた~~
2015.05.11 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top