FC2ブログ
あっという間に三連休が終わってしまいましたね~。

さて、今日はバムケロ三冊。
連休中に借りたって訳ではないのですが、ここ最近バムケロを連続で借りてました。あ、バムケロって略してますが、島田ゆか先生の「バムとケロ」のシリーズ。優しい犬のバムと我儘でやりたい放題だけど憎めないカエルのケロちゃんの日常(?)を描く絵本シリーズです。詳細に描かれた絵のあちこちにいろんな遊び心があって、とにかく楽しい。大人でもじっくり絵を眺めてられる作品なんだと思うんですよ。
そして、作品全体にケロちゃんのかわいらしさと、見守るバムの暖かさが溢れているんですよね。

DSCF3039.jpg
「バムとケロのさむいあさ」

朝、起きるととっても寒かった。こんな日は凍った池で遊ぼうと二人で出かけるんです。表紙はワカサギ釣りですね~。これ、子供でも釣れるからとっても楽しいんですけど....寒い。

DSCF3040.jpg
ところが、遊ぼうと思った池にはアヒルのカイちゃん(初登場)が凍り付いてます!(笑
夜に星空を見ていたら凍って動けなくなったカイちゃん。氷ごと切り出して連れて帰ってお風呂で解凍してから、ケロちゃんはカイちゃんが大好きになります。
だけど、カイちゃんは突然いなくなって.....

衝撃のラストは全く予想してませんでした。これはネタばれさせずに置いておきます。

DSCF3041.jpg
二人の住む家にいつもいるこの子たち。さっき調べて知ったのですが、この子たちにも名前があります。
3本耳のうさぎは「おじぎちゃん」。ちっちゃいイヌは「ヤメピ」って言うらしい(絵本中では名前が出てこないんです)。彼らも絵本の中に常にバムとケロと一緒にいるんです。彼らの動きを探して「くすっ」てなる。これもバムケロの楽しさですね。^^


「バムとケロのおかいもの」
上の「さむいあさ」はシリーズ三作目。こちらは四作目になります。
今日は月に一度のおかいものの日。ケロちゃんは寝坊助なんですが、この日だけはめっちゃ早起き!もう、この時点でとってもかわいいんですよね。

DSCF2819.jpg
市場につくと、ピーナッツの服を着たラッコの「らく」ちゃんが歩いています。犬のおまわりさんを困らせている犬は「ぶーちゃん」。彼はいっつも泣いてますが、他の絵本では主人公を張ったこともある名キャラです。上の方には市場のお店の数々が実に細かいところまで描かれてるんですよ。もう、この店の商品を見てるだけでも楽しい。

DSCF2820.jpg
ケロちゃんもバムもいろんな物を買ってくるんですが、ケロちゃんが「ゆかいなとびら」と言うお店に入ります。このお店では、変わった形をした扉の中に商品が入っています。小さい犬の顔の形をした扉の中に入っていた小さいリュック。そう、これはヤメピのリュック。帰り道にはちゃんとヤメピがこのリュックを背負ってるんですよ。^^

そしてもう一冊。
DSCF3321.jpg
「バムとケロのもりのこや」
昨年出たシリーズ最新作(笑
森で木イチゴを摘んでいたバムとケロは古い小屋を見つけます。
勝手に入ってはいけないでしょうけど、そこは絵本ですし、さらに、この小屋、どう見てももう何年も誰も使っていません。梯子もボロボロ、中は蜘蛛の巣だらけ....
「秘密の小屋にしよう」と大掃除と修理を始めるところから絵本は始まります。

DSCF3323.jpg
何でも屋の「それちゃん」もお手伝い。ヤメピとおじぎちゃんも一応お手伝い。
数日かけて小屋はだんだん綺麗になって....

と言うお話。

この絵本、本当に楽しいんです。隅々まで親子一緒になってじっくり見る。発見がたくさんあるので、この絵本だけは図書館の期日いっぱいまで借りて何度も読むシリーズなのです。


ではでは~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

あ。そうだ。これだけ。

もりのこやの中で一番笑ったページ。

DSCF3325.jpg
ペンキ塗りたての椅子で星を見ていてまたまた動けなくなったカイちゃん(笑
こんな遊びがたまらないです☆

スポンサーサイト



2015.10.13 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top