FC2ブログ
DSCF4156_201512070943404fb.jpg
「さいしゅうれっしゃのあとで」作: 市川 宣子 絵: 柿本 幸造
もうすぐ冬が来そうな山の中の小さな駅。駅長さんが最終列車を見送り、駅舎でくつろいでいると、何やら列車の音が。
慌てて駅長さんが列車を停めると、小さな男の子が運転手さん。
「ふもとの町まで冬を届けに行くんだよ」
積んでいるのは木枯らしでした。

DSCF4157.jpg
「粉雪」「雪だるま」....次々とやってくる列車はみんな『冬』を積んでいます。

DSCF4159.jpg
列車が行った後、山には雪が降って来ました。冬の始まりです。

冬を積んで来た列車たち。帰りは『春』を積んで戻って来るのだそうです。それまで、長い冬の始まりです。

とある山の中の駅での不思議な夜の列車たち。
小さな運転手さんたちはみんな笑顔で楽しそう。
寒い季節のはじまりなのに、とっても暖かい気持ちになれる絵本です。柿本 幸造さんの絵の暖かさが良いのでしょうね。

さて・・・・
DSCN7004.jpg
金曜日の夜、用があって津軽方面の大鰐と言う町まで車で出かけました。この日の朝から本格的な雪で、すっかり冬になっていました。この日、青森にも本格的な冬が訪れたようです。

0_20151207092838b8a.jpg
昨日の朝は我が家もこんなでした(笑)

長い冬。楽しみながらの三か月の始まりです。

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2015.12.07 Mon l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top