FC2ブログ
日曜日、坊主君の通う幼稚園で卒園式がありました。
自分の子は卒園でもないのですが、出席させて頂いたら、自分の子じゃないのに泣いてしまいました(笑
子供たちは新たな一歩を踏み出すのですね。

春は別れの季節。みんな頑張ってるんですね。

さて、今日の絵本は~
DSCF5653.jpg
「春の足音」 作: 那須 正幹 絵: 永田 萠
立春の日のお話です。

DSCF5654.jpg
教室で先生が教えてくれました。
「家のまわりを さがしてごらんなさい。春の足音がきこえるかもしれませんよ」

DSCF5655.jpg
春の足音を探しに出かけたミカちゃんとよしみちゃんは、不思議な音を聞きます。
でもその音が聞こえたのは一度だけ。「春には足がないのかも知れない」などと色々な想像をしながら、
二人は春の足音を探して歩きます。そして.....

所謂『絵本』とは一線を画する感じの絵。いわさきちひろ先生の絵に影響を受けられていると、永田先生ご本人が仰られてるとか。その上、花や妖精さんの絵をよく描かれる方なのだそうで、この絵本でも妖精の姿が見られます。
そんな絵のお蔭もあってか、お話もとっても綺麗な感じです。

この絵本は立春(2/4)のお話で、窓の外には雪が残っているものの、ツバキが咲き、暖かな日差しもあって、少し春を感じさせるまさに立春ですね。
青森では今がそんな季節です(ツバキはGW頃だけど)。フキノトウも出始めて、少し春を感じる季節。
さぁ、子供たちと一緒に『春の足音』を探してみよう!!そんな気になる絵本でした。

もう一冊。

DSCF5659.jpg
「ぞうのボタン─字のない絵本─」作・絵: うえののりこ

ご存知、「ねずみくんのチョッキ」シリーズのうえののりこ先生の作品です。実は、この絵本がデビュー作で、国内より先にアメリカで出版されたのだとか。
登場するのは、いつもの「ねずみくん」の仲間たち。だけど....表紙のぞうさん、お腹にボタンが.....

DSCF5660.jpg
え~~~~っ!!!

もうね、次、何?次、何??です(笑

一切文字はありませんから、適当に間を取りつつ、ページをめくっていきましょう。


ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2016.03.23 Wed l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top