FC2ブログ

「ヨハンナの電車のたび」 カトリーン・シェーラー (作), 松永 美穂 (訳)

ちょっと変わった絵本です。何が変わっているかって言うと....

DSCF7784.jpg
作者目線なのですよ、この絵本。
作者がスケッチブックに向かって見ている景色が絵本になってます。そう、自分が作者になって読んでみましょう。って絵本。

DSCF7785.jpg
電車の旅をしているブタさんの女の子。名前も「ブチ」もなかったけれど、「ねぇねぇ、絵描きさん」と話しかけてきます。
彼女に「ヨハンナ」と言う名前を与える作者。そして「ブチ」を描き、服を描き、電車が発車します。
さあ、ヨハンナの声に耳を傾けながら、一緒にヨハンナの旅の絵本を作っていきましょう!!

絵本ってそうなのかな?ってたまに感じる事があります。
作者が描いているけれど、実はその絵本は登場する主役達が何をするのか、何を話すのかは、描きながら登場人物たちの声を聴きながら作って言ってるんじゃないかな~って。
そんな事を感じられる絵本でした。

この絵本、 2014年06月に刊行されてますが、私が気に入ってもう借りるの三回目。坊主君には難しいかも知れませんが、姫や小姫には大ヒットしています。
そして、「2015年 第20回日本絵本賞翻訳絵本賞」を受賞した絵本なのだそうですよ。

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

って言うか、記事にするのも実は二回目でした(苦笑)記事にした覚えがなかったんで....ま、前回は表紙だけだったから、いっか(笑
スポンサーサイト



2016.06.28 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

「1日10分で ちずをおぼえる絵本」 作: あきやま かぜさぶろう

今日の絵本は姫向きです。
四年生の姫、今年から社会の授業で「日本地図」や「世界地図」が出てきました。一方小姫は学校の中の案内図や市内の探検などに出かけています。地域を中心から日本、そして世界へと小学校でも少しづつ「地理」を教えて行くのですね。

で、そんな姫が図書館で借りてきた絵本。47都道府県を一個ずつ、形と名産、特産、位置を紹介していきます。

DSCF7795.jpg
「きゅうりのかたちはしまねけん」

いや、ちょっと無理あるでしょ(笑
でも、この無理矢理感がまた子供たちにはいいみたいですよ。興味ないだろう、無理だろうって思ってた坊主君も一緒になって覚えてますから。
左下に写ってますけど、各ページでゲーム感覚なのもありますし、その下には島根県だと出雲大社、シジミ、石見銀山が紹介されています。面白いですよ!

DSCF7797.jpg
やっぱり無理あるけど(笑

うちは年に二回、関西まで車で大移動しますしね。移動ルートを地図で辿れると楽しくなるかな?

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.06.21 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「もしもし、きつねさん?ケーキを作ったの。食べに来てね!」


「いっしょにいかない? (森のえほん) 」香山 美子 (著), つちだ よしはる (絵)
ある日、森に住む豚さんからきつねさんに電話がかかってきました。とってもおいしいケーキを作ったから食べに来て!って。
そりゃ~嬉しいです。きつねさん、お出かけします。

でも、表紙の絵、きつねさん、くまさんと一緒に歩いてます。

DSCF5420.jpg
そう、きつねさん、行く途中に出会った友達を、み~~んな誘っちゃいます。「いっしょにいかない?」ですって!ろばさんにリスさんに.....

きつねさんを誘ったのに、急にたくさんのお客さん!
世のお母さま方なら、この突然の来客の迷惑さ嬉しさはわかりますよね!でもちょっとパニック!大変~~~

DSCF5421.jpg
豚さんも大慌て!!でも、暖かくみんなを迎え入れます。そして機転を利かせて、素敵なティーパーティ。
どうやって対応したかって?それは是非、読んでみて下さい^^

さて、今日はもう一冊。

DSCF5505.jpg
「だじゃれどうぶつえん」文: 中川 ひろたか 絵: 高畠 純
表紙の絵、わかります?

辛いカレーを食べてるライオンさんが一言。

「かライオーン」

DSCF5506.jpg
お気軽にどうぞ^^

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.06.13 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

「一休」作: 西本 鶏介 絵: 福田 岩緒 (伝記絵本ライブラリー)

土曜日の午前中に少し時間があったので、子供たちを連れて図書館に行って来ました。
そこで坊主君が「これ読みたい」と持って来たのがこちら「一休」

DSCF7497.jpg
和尚さんが美味しそうに食べている水あめ。「これは子供が食べては死んでしまうのじゃ!」と言われた小僧さん達。
和尚さんに黙ってつまみ食いをしてしまい、ついつい食べ過ぎて壺は空っぽ。どうしよ~って慌てる小僧さん達を尻目に、壺を叩き割る一休さん!!

DSCF7498.jpg
こちらは将軍様が「屏風の虎が夜な夜な暴れる。捕まえてくれ」と無理難題を吹っ掛ける有名なシーン。
そう、あの一休さんのお話です。

我々大人はアニメ、「一休さん」を知ってますので、そのシーンを見ると藤田淑子さんの声で脳内再生されますが、子供たちはどんな声を想像するのでしょうか。この絵本は「伝記」なので小僧時代だけでなく、修行の旅を経て妙勝寺の僧となり、人々を助ける場面までが描かれています。
何か、アニメ見たくなりました。

たまにはまじめな絵本もいいよね!ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.06.06 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top