FC2ブログ

「カワセミとヒバリとヨタカ」あべ 弘士
新作です。四月に発売になったばっかり。
実は、私が通う図書館が大改修工事になっていまして、二か月ほど休館していたのです。その間に、たくさんの絵本が増えていました。その中の一冊です。作者は生き物大好きなあべ 弘士先生。

内容は...

DSCF8076.jpg
扉に描かれているこれが全てです。
カワセミってご存知ですか?川にいる青い綺麗な鳥です。初めて生で見た時は大興奮でしたよ。動きが早く臆病な鳥なので、なかなか撮影は難しいのですが、駅前の公園でたまに見かけるので、いつか撮影してみたい大好きな鳥なんです。
そんなカワセミは川に飛び込んで魚を捕るのが大得意!!それを見て、ヒバリが真似をします。でも、勿論、ヒバリにはそんな事はできません。

DSCF8077.jpg
だけど、カワセミはヒバリの失敗を笑わない。逆に「僕は高くは飛べない」と言います。そう、「みんな違ってみんないい」の世界ですね。
気をよくしたヒバリですが、今度はまっすぐに飛んで虫を食べるヨタカに憧れます。

ヨタカって鳥は日本中どこでも見られるんですが、レッドリストに登録されるくらいで、数が減っています。。宮沢賢治の童話『よだかの星』で醜い鳥として登場しますが、タカの中では不格好と言えば不格好??(笑)この絵本でもあまりかっこよくは描かれていませんが。

さて、そんなヨタカを見て、ヒバリくんは真似をします。でもやっぱりできません。
せっかくカワセミが「みんな違ってみんないい」って言ってくれてるのに、やっぱり人が羨ましいヒバリ君。だけどやっぱり、無理は出来ないんですよね。そんな絵本でした。

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2016.07.14 Thu l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top