FC2ブログ

掘り掘り~~

突然寒くなってきた青森県です。
我が家では毎年、市から家庭菜園用の畑を借りて少しだけ楽しんでいます。11月中旬に返すまでは使ってよいのですが、突然冷え込んできたましたので、もうサツマイモを収穫しちゃいました。

3_20161028093025ffb.jpg
ちょっと「つるぼけ」してしまって収穫量は少なかったのですが、まぁ、家庭菜園だし、嬉しそうだからいいや。

.....とまぁ、それなりにサツマイモが収穫出来ましたので、絵本も。^^
P1040514.jpg
「おいもをどうぞ」 作: 柴野 民三 絵: いもと ようこ

いもとようこさんの絵は赤ちゃん絵本から少し大きな子まで、何とも暖かい雰囲気の絵なんですよね。
この絵本はお話もとってもあったかいです。(今回は我が家の蔵書より)

1_201610280916107f5.jpg
かわいいですよね~。たくさんお芋を掘った熊さん。嬉しくってお隣の豚さんに半分あげます。「豚さんもお芋が大好きだから」って!
豚さんは喜びます。そして、お隣のたぬきさんに半分あげます。「たぬきさんもお芋が大好きだから」って!

2_20161028091612409.jpg
貰った人がまた半分。そのまたもらった人がまた半分。どんどん半分こして、一個貰ったねずみさんもまた半分に切って....

あっと驚く届け先です(^^

美味しいお芋をみんなで食べる。そんな素敵でかわいいお話しでした。

秋になると毎年芋ほりをする我が家。そして、この絵本を読むのです。子供達も段々大きくなって、後何年こんな楽しみが続くのでしょうね。

ちなみに我が家のサツマイモ。掘りましたけど、まだ食べません。
絵本ではすぐに食べてますが....ほんとは追熟した方が美味しいのですよ!

4_20161028091613412.jpg

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2016.10.28 Fri l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
このブログで紹介してる絵本記事、タイトルに「最近の~」ってつけてますが、これは、我が家で「最近読んだ」「最近借りた」「最近買った(これは少ない)」の意味なんです。

本日の「最近の」はなかやみわ先生の「最近執筆の」絵本です。いずれも今年の新作。


「やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち」なかやみわ

DSCF9595_20161021095748541.jpg
ここは野菜の学校。みんな美味しい野菜になるべく日々を過ごしています。とまとちゃんは、頭のてっぺんがまだ青いので、もう少し日に当たって赤くなれば無事に卒業!

DSCF9596_20161021095750bf9.jpg
しかし、お天気を好まないクレソンやみょうがが雨乞いするもんだから、喧嘩になってしまいます(笑
この設定、面白いですよね。お互いの好む天気が違うって!
そして、お互いの事を理解した三人は、仲良くなって、それがまたちょっとした事件を引き起こします。

さて、とまとちゃんは無事にやさいがっこうを卒業(=出荷)出来るのか!

「やさいのがっこう」の後に副題として「とまとちゃん」とあります。そう、「新シリーズ」。次回作の主役はどの野菜?
(とまとちゃんインタビュー

DSCF0203.jpg
「どんぐりむらのだいくさん」なかやみわ
もう一冊は、こちらは「そらまめくん」と並ぶ人気シリーズ、「どんぐり村」の新作です。当ブログでは「ほんやさん」を昨年紹介していますね!

DSCF0205.jpg
どんぐり村の大工さん、何でも作れ茶ますが、みんなの役にたつことが大好き!この絵でも、ベビーカーの奥さんのために、スロープを作ってしまいます。

DSCF0206.jpg
こちらでは大型遊具!しかもちょっとした遊び心入りです。
作者のなかやみわさんは、私と同い年のお母さま。そご自身の子育て経験を基にした絵本も描かれている(そのうち紹介したい)のですが、こう言う親目線の暖かい絵、エピソードが随所にありますよね。こんな大工さん、今も本当にいらっしゃるんだそうですよ。

DSCF0207.jpg
最後に出てくるのは「みんなのおうち」。
大工さんが愛情を込めて森のみんなのために作ったおうち。初めは人の集まらなかったおうちですが、ある日から当然のようにみんなが集まる素敵なおうちになっていきます。大工さんが作って、人が入るようになって初めて素敵になる。そんな大工さんの思いも伝わってくるみたいです。

このおうちには、驚きの仕掛けもあります。シリーズ初の仕掛け絵本。是非、お手に取ってご確認ください^^

どんぐり広場
「どんぐりむらのだいくさん」インタビュー

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.10.21 Fri l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

先月の十五夜の写真です。

秋深し。いや、他の地域はそうでもないのかもですが、青森はすっかり秋。山は初冠雪を記録し、ここ三沢も最低気温が10度を下回りストーブを入れています。
そんな秋は月が綺麗。先月15日は見事な十五夜でしたが、皆様ご覧になられましたか?

さて、今夜は十三夜。栗名月、後の月と呼ばれる月見の夜です。皆様の地域ではどうですか?見えてます?^^

今日はそんなお月見の絵本。

DSCF9427.jpg
「14ひきのおつきみ」作・絵: いわむら かずお
子供たちが大好きな「14ひき」シリーズです。いわむら先生の絵本は生き物全てがとても優しく描かれています。

DSCF9428.jpg
今日の14ひきは滑車を使って、はしごを使って、樫の木の上へ、どんどん上へ。
木には他の虫たちもたくさんいます。隅々まで描かれた動物、生き物たちをじっくりと探しながら絵本は進んでいきます。

DSCF9432.jpg
枝を編んで作った月見台の上で....ススキを飾り、月見だんごをお供えをします。

おつきさん ありがとう、たくさんの みのりを ありがとう、やさしい ひかりを ありがとう。

そうなんです。今ではすっかり、綺麗な月を見てお団子を食べるイベントになっていますが、古くは月は信仰の対象でした。お月見のお供え物は、さまざまな物事や出来事に対し、感謝と祈りを捧げるためのものです(諸説ありますが)。
そんな忘れてしまっている習慣の意味をこの絵本はしっかりと教えてくれます。

14ひきシリーズに限らず、絵本にはそう言う日本(や海外)の風習や行事の由来、意味をしっかりと描かれたものが多数ありますよね。私なんかはもうすっかり忘れてしまっていたり、そもそも知らなかったりすることも、子供たちに絵本を読み聞かせる事で一緒に勉強をしています。そうやって子供と一緒に、古き良き風習の意味をしっかりと受け継いでいけたら....そんな風にも思います。

DSCF9431.jpg
この絵には感動しました。

さて、今夜は十三夜。秋の稔に感謝して、月を眺めてみましょうか。
今夜の青森、月は出てるのかなぁ.....

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.10.13 Thu l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
0_2016101110351237f.jpg
初めて行きました、青森県立郷土館。

五味太郎先生。「きんぎょが にげた」や「ゲームブック」など、大人も子供も楽しめる作品を描かれる絵本作家の先生です。我が家ももう何冊読んだかわからないですねー。

そんな五味太郎先生の絵本の原画展が青森県立郷土館で開催されてますので行って来ました(23日まで)。館内は撮影禁止ですが、「きんぎょがにげた」「ゲームブック1」「ぐりぐりくん」などの原画がたっぷり!大きな原画を見ながらお話しが全部読めます。これは素敵ですね!!

絵本を読めるコーナーがあったりもします。

1_20161011103515b4f.jpg
子供たちにヒットしたのはこちらのらくがきコーナー。
1990年発売の「らくがき絵本」を題材に、大きな絵に「らくがき」をしたり、みんなの絵を展示したり....
このコーナーでは絵本もたくさん読めます!

3_20161011103517e0f.jpg
小姫も夢中で書いてます。

6_20161011103514b0c.jpg
負けずに私も書いてみた(笑

4_20161011103518681.jpg
会場では大人も子供も『落書き』を楽しんでいます。私と小姫の作品も近々展示されると思いますので、探してみて下さいね^^

子供達と一緒にたっぷり二時間。良い時間でした。^^
五味太郎先生は大人向けの本もたくさん書かれていますし、絵本であっても様々な教訓が隠されているものが多いです。大人も子供も楽しめると思います。
青森県内の方、是非お出かけになってみて下さい^^

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.10.11 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

「はねはね はねちゃん」作: 中川 李枝子 絵: 山脇 百合子
「ぐりとぐら」のシリーズでお馴染みのコンビの絵本、はねはねはねちゃんです。
絵の「山脇百合子」さん。あまり気にしたことがなかったのですが、プロフィールを見ると「旧姓大村百合子」さんとなってますね。古いぐりとぐらでは「大村姓」で活躍されていたようです。

DSCF2997.jpg
「はねはね はねちゃんたいそうします。」で始まる小さい子向けの絵本。
はねちゃんは色んな動物たちと体操します。きりんと背伸びしたり、亀さんと首の運動。最後はタイトル通り、うさぎさんと一緒にはねはねはねて....

そんなお話し。お話にもなってないかな?年少さん、あるいはもっと年齢の低い子から楽しめる絵本でしょう。二歳とか。

我が家の小2の小姫さん、小さい頃からこの絵本が大好きでした。幼稚園の時に、毎日のようにこの絵本を借りてくるので、「そんなに好きなら、一冊持ってればいいよ」と購入したのです。

お気に入りの絵本ってそれぞれにあるもんなんですよね。姫だと「かぼちゃばたけのはたねずみ」、坊主君だと「ざっくん!ショベルカー」ですね。
皆さんのお子様のお気に入りの絵本は何ですか?^^

さて、そんな小姫さん、今日で8歳になりました。おめでと~~

DSCF9202_20161005093908da8.jpg
(三沢基地航空祭2016にて)

今夜は久しぶりに「はねちゃん」を読もうね!^^

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2016.10.05 Wed l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top