FC2ブログ
皆さま、すっかり遅くなりましたが明けましておめでとうございます~~。
今年もゆったりまったりと更新していきます。

年末に図書館で借りた絵本達を昨日返して新しく三冊借りてきました。
今日は年末年始に読んだ絵本の中から一冊。^^


「くまのこの としこし」 高橋 和枝

皆さんは「年越し」と聞くと何を思い出されますか?
大掃除、おせち、角松、除夜の鐘、鏡餅....

年に一度の一大イベント!実に「お正月」らしいたくさんの決まりごとがありますよね。
この絵本のくまのこちゃん、「もうすぐ来年がくるよ」とお母さんから教えて貰いました。でも、「来年って何?」状態。

DSCF1759.jpg
お母さんは大掃除をしてお節料理を作り、お父さんは門松を飾ります。「これを目印にして来年が来るんだ」。
ますます「来年」って何だろう状態です。

DSCF1760.jpg
そして除夜の鐘。静かに静かに年が明けます。

年越しって何ですかね?
日付が変わった瞬間に新しい年になります。
いつもと同じ夜なのに、少し違った特別な時間。
そして新しい年を迎えて、「今年も良い一年でありますように」と。

そんな古来からのしきたりをのんびりと教えてくれる絵本です。
こう言う行事を教えてくれる絵本って大事だな、って思っています。

それでは、今年も宜しくお願い致します~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2017.01.12 Thu l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top