FC2ブログ
すっかり春めいて来た青森です。今年は雪解けもはやく、そろそろフキノトウが出始めましたよ~

そんな春の絵本。


「いちばんすてきなひ はなはなみんみのはる」作: わたり むつこ
みなみの森に住む小人家族。そのおはなしシリーズの始まりの絵本です。

DSCF5648.jpg
ある日の小人さん家族、みんなそわそわしています。「たけび」もそわそわ。溜息をついたり、家の周りをうろうろ歩いたり。

そう、小人さん一家に赤ちゃんが生まれるのです!
このそわそわした感じ、表紙のお母さん「ひいな」の優しい表情。そうそう、赤ちゃんの誕生ってこんな感じで、嬉しさ、喜び、そして一抹の不安....
それから少しずつ、親も親になって行く、そんな感じですよね。

DSCF5651.jpg
森の仲間もお手伝いやお祝いをしてくれます。
そう、今日は「一番素敵な日」。

「小人大戦争」で生き残った最後の小人家族。
そこに生まれた「はなはな」と「みんみ」は最後の小人になってしまうんでしょうかね?

この絵本は「はなはなみんみのはる」と副題が付けられています。絵本シリーズは夏、秋、と進みます。どのお話にも自然の優しさと厳しさが表現されています。
そして、さっき知った(恥)のですが、「はなはなみんみ」のお話は絵本を飛び越えて単行本に続くようです。児童文学なのですが、しっかりとしたテーマに沿って書かれているようです。そして、こちらでは他の小人さんたちも登場します。
今度、探して借りてみようと思います。子供達も喜んで読むでしょう!(いや、買おうかな)


さて、もう一冊。

DSCF2001.jpg
「おちゃわんかぞく」文: 林 木林 絵: いぬんこ

おちゃわん おちゃわん
おちゃわんかぞく
おちゃわんかぞくが きましたよ

もうね、はなはなみんみの優しくも重い感じから一転!表紙からもう、どうしたらいいのかわからない絵本(笑
こういう理屈抜きでパワフルな絵本は気分を明るくしてくれます!さあて、今日の朝食は....

DSCF2002_20170322093152e57.jpg
「たまごかけごは~~~ん」!!
いかん....お腹すいてきた(笑

絵を描かれている いぬんこ さんは、NHK「シャキーン」でお馴染みの方。そう言えばほら、ジュモクさんっぽいでしょ?

さ、ちょっと早いけどお昼ご飯にしようっと♪(←え!?)

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2017.03.22 Wed l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日はホワイトデーなので....


「チョコたろう」森絵都 ぶん/青山友美 え

DSCF1858.jpg
チョコのままから生まれたチョコたろう。
「あまいあまいチョコを、みんなにくばっていらっしゃい。 苦いものや辛いものに、世界が負けないように」
表紙にあるように、大きくなって旅に出ます。喧嘩してる人や悲しくなってる人にチョコをあげて笑顔にしちゃうんです。
まるでアンパンマンみたい?
そう、みんなのヒーロー的な。

ところが、このあんぱ....違った、チョコたろう。自分も甘いものを食べないと力が出ません。

ある日、町から甘いものが消えてしまいました。盗賊に盗まれたのです!!ここは戦え!チョコたろう!!

って思ったら....

DSCF1859.jpg
やる気なし(苦笑
そう、チョコたろうも甘いものを食べないと力が出ません。楽しみにしていたスイーツバイキングも食べられず、チョコたろうは泣きだしてしまいます。そして....

何とも楽しいお話しです。夢のようなチョコづくしの場面たっぷりです。面白いですよ。

さて....明日はホワイトデー。
チョコ買って食べようっと!!!(←え?)


ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2017.03.13 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

「おこめようちえん」文: 苅田 澄子 絵: 陣崎 草子

ちょっち季節外れではありますが....お米幼稚園です。
そう、この幼稚園に通うのは...

DSCF1762.jpg
お米たち。あきたこまちちゃんなどの「うるち米」やこがねもちちゃんなどの「モチ米」たち。
それぞれのお米は色んな食べ物になるために、幼稚園に通っています。
様々な勉強やイベント、運動会などをこなして立派なお米になるぞ!!!

そんな時、幼稚園にスズメが襲ってきます!!!

DSCF1763.jpg
園長先生が守ってくれました(笑

さて、みんな、立派なお米になれるかな??

卒園シーズンですからね。うちの坊主君はまだ卒園しませんが、在園時として卒園式に出るべく、頑張っています。
巻末に、米食や稲作についてのやさしい解説もあります。お米について、食べ物について興味が持てるといいですね!

さて、もう一冊。

DSCF1766.jpg
「きんのストロー」絵: 長野 ヒデ子 詩: みずかみ かずよ

「作」ではなく、「詩」ですね。そう、この絵本は詩集。
何遍かの優しい詩に、長野先生の優しいイラストが添えられています。

DSCF1764.jpg
「ゆきがそこだけ とけてるの
 あったかい いきが かかるのね
  うれしい こえが ひびくのね」

言葉の響きがとっても優しいです。
子供たちは「詩」と言うものにあまり馴染みがありません。だからこそ、こんな絵本で優しい気分になれる言葉の響きを伝えてあげたいですね!

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2017.03.10 Fri l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
更新が滞っている間に三月になりました。
ってことで雛祭りの絵本です。ついこないだ節分の絵本紹介したばっかりなのにな~


「ももこのひなまつり」作: 森山 京 絵: ふりやかよこ

DSCF1854.jpg
とってもかわいいももこちゃん。お誕生日は3月3日。桃の節句です。
「ねぇ、どうしてひな祭りには桃の花を飾るの?ももこの誕生日だから?」
素朴な疑問です。いや、逆に桃の節句に生まれたから桃子ちゃんなんですが....
それはさておき、ももこちゃん。桃の花を見たことがありません。

じゃ、見に行こう!!ちょうどTVでやってたよ!!

と張り切ったお父さん。車で二時間かけて桃園に出かけますが....

DSCF1855.jpg
咲いてません。。。。

しまった....早すぎたんだ.....orz......

ショックですよ、これ(笑
ももこちゃんもショックでしょうけれど、それ以上にお父さんがショックです。
我が家でこんなことになったら、かなり怒られると思います、私(笑

それはさておき、仕方ないので気を取りなおして家族で広い場所で遊ぶことにします。そして楽しんで帰ろうとしたその時、遠くに満開の桃の木を見つけます。

DSCF1856.jpg
そのお宅にはおばあさんが一人でお住まいでした。
みんなでお邪魔させて頂き、お雛様も見せて頂いた、と言うお話。

淡々と話が進んでいきます。盛り上がりもないですし、勉強になるような情報もありません。
でもね~素敵な感じ。
穏やかな気分で雛祭りを迎えられそうな、そんな絵本です。^^

おばあさんのお雛様はおばあさんと同い年。
何十年も飾り続けられてきた七段飾りのお雛様。
こういうのが実に良いと思うのです。

帰りの車内でももこちゃんの頭に花弁が。桃の花です。
「わたしのはなね」
と言うももこちゃんの表所がとっても素敵でした。

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2017.03.01 Wed l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top