FC2ブログ

「十二支のはじまり」作: 岩崎 京子 絵: 二俣 英五郎
毎年、12月に入ると本やさんの絵本コーナーに並ぶこの絵本。今年は坊主君が何度も幼稚園から借りて来ました。飽きるほど読んだな~。

何故かと言うと、今年、幼稚園では作品展で「親子製作」だったんです。いつもは子どもの作品を展示する作品展ですが、今年は家族で作ったものを展示します。これやってる幼稚園ってあまり聞かないんですが、幼稚園だけでなく、通っているお子さんのご両親の性格と言うか、子供への関わり方もよく出て来ると思います。こういうのを自信持ってやる幼稚園って良いと思いますよ。
で、この親子製作のテーマが「昔話」だったんです。で、坊主君はこの「十二支のはじまり」で作りたいと思ったんですね。

DSCF6753.jpg
まぁ有名なお話で、神様が「元旦にワシとこに来いや。速い物順でその年の干支にしてやるさかいな」って言うんで、みんな頑張ります。ただ、牛さんは歩くのが遅いので前の夜から歩きだしました。
ところが、ずるがしこいネズミさんが牛の背中に乗っていて、ゴール直前に牛から飛び降りて一着となります。そんなお話。

他にも面白い逸話が出てますね。
DSCF6755.jpg
私知らなかったんですが、猿、鶏、犬の順番は犬猿の仲で喧嘩してる猿と犬の間に鶏が入ってあげたことによるんですね。面白い^^

さて、来年は犬!

どんな一年になりますことやら。

さて皆さま(どのくらいいるか知らないけど)、今年も一年間、のんびりとした当ブログにお付き合い頂きましてありがとうございました。今年紹介させて頂いた絵本は42冊!あれ、意外と紹介してますね。もっと少なかったかと思ってましたが。
来年もこのくらいののんびりペースでブログ、続けようと思っています。
では皆様、良いお年を~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2017.12.26 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
珍しく連続投稿www
だってクリスマスだもん!


「わすれんぼうのサンタクロース」なかがわひろたか

「あわてんぼうのサンタクロース」は有名な楽曲ですが、こちらは「忘れんぼう」。妖怪じゃないっすよ、サンタクロース。
何を忘れるかって、このサンタさん、超忘れます。

CIMG8157.jpg
服、帽子、長靴、地図、プレゼント.....
ルドルフも諦め顔です。

CIMG8158.jpg
「さぁ整った!出発!」って、海の向こうからお日様が昇ってます。もうこの場面から嫌な予感しかしないんですが....
頁をめくってびっくり。想像もしなかったくらいの出来事がこのあとサンタとルドルフを襲います。

でも、ハッピー!

クリスマスが終わってからも読めるクリスマス絵本。忘れん坊のサンタお父さんたちにもお奨めです^^

作者は皆さまご存知の中川ひろたかさん。
元々は保育士さんなんですが、実に芸達者ですよね。特に作曲家として、歌手として。おかあさんといっしょにも多くの曲を提供されています。「おしりフリフリ」「みんなとあそぼ」「パ!パ!パ!」など。特に「虹」なんてもう、泣けちゃいますよね。あぁ、これこれ....

では皆様、メリークリスマス!

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
2017.12.21 Thu l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
12月が...って言うか今年が終わろうとしている....
どうもサボり気味。気が向いたら更新って感じだなぁ。まぁ、ご覧になって下さってる方はどうぞごゆるりと....^^;

さて、週末はクリスマスって事で。


「クリスマスのかくれんぼ」いしかわ こうじ
赤ちゃんから小さい子(3歳くらい?)までが対象であろう絵本。大人気シリーズなんですよ。

CIMG8146.jpg
見開きの左側に中身、右ページにその輪郭がかたどられています。
「かおもからだも真っ白だよ。何かな?」「ごろんごろん....」

これは簡単ですが、さて、何でしょう!!

簡単に見えるのは我々が大人だから。子供たちはわかったら得意満面ですよ^^

CIMG8147.jpg
正解は「SNOWMAN」。英語表記もあるのがこのシリーズの特徴です。
右のページには完成した絵が順に並んでいきます。最後までめくれば、クリスマスグッズがいっぱい!!

このシリーズ、実は我が家の坊主君が大好きなんです。

CIMG8149.jpg
「のりものいろいろかくれんぼ」いしかわ こうじ
これも我が家の蔵書なんですが、坊主君にとってはもうバイブル!!赤ちゃんの頃からの宝物です。もうすぐ小学生ですが、そんなのかんけいねぇ~~

CIMG8150.jpg
ほんと、絵本の対象年齢なんてあてにならないって言うか....
みんなちょっと大きい子向けの絵本を読みたがりますが、それ、無駄ですから。親の自己満足。
いつまでも赤ちゃんの絵本を見せたって子供たちは喜びますし、赤ちゃんの頃の絵本を引っ張り出して読んでみたら、また違った発見があったりする。
「もう赤ちゃんじゃないから....」「うちの子はもっと大人の絵本がいいんざます!」なんて事をしていると、その子供たちの発見を邪魔してしまう。
読みたい絵本が適齢期!

それでいいんだな~って、11年親をやってみて、やっとわかってきました。
だって大人が読んだって楽しいんですから!!

ではまた~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

2017.12.19 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top