FC2ブログ
何だか各地で雪が降った週末だったようですね。
え?こちら?
いつも通り雪でしたよ(笑

とは言え、私、今は青森暮らしが板についてますが、元々は関西人で雪とはほぼ無縁の生活でした。子供の頃はたまに雪が積もったら楽しかったな~~

て事で、今日はそんな絵本を二冊。


「ゆきがやんだら」作・絵: 酒井 駒子

「よるくま」で有名な酒井さんの作品です。

DSCN7712.jpg
朝起きたら、ママが「まだ寝てていいよ」って。何故って外は雪で保育園がお休みになったから。

お父さんの飛行機も飛ばなくなって帰って来ない。ぼくとママは二人きり。
外は雪!!もちろん、遊びに行こうと飛び出しますが、「風邪を引いちゃうから、雪がやんだらね」と止められてしまいます。まぁね、青森でも吹雪いてたら遊びに行きませんから(通学はする)。

なかなか雪はやみません。ママと二人の時間。トランプをして、外を見て、ベランダに少し出て....

DSCN7713.jpg
夜になって.....「やんだお」(笑

暖かくして、ママと二人っきり。新雪に足跡をつけて、雪だるまを作って....そしたら少し寒くなってきた。
「もう帰ろう。続きは明日ね...」

とっても暖かいお母さん。ママっていいなと思える何度も読める絵本だと感じました。
本書の英語版、『THE SNOW DAY』は2009年ニューヨークタイムス紙において、2009年のベスト児童絵本10冊に、ニューヨーク公立図書館「2009年の児童書100冊」に選ばれました。またオランダ版「Sneeuw!」(DE EENHOORN)はオランダの権威ある絵本賞で「銀の石筆賞」を受賞しているそうです。(記事

さて、もう一冊。

DSCN7714.jpg
「ゆきだるまうさぎ」文: 田中 てるみ 絵: えがしら みちこ

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私、えがしら先生の絵が大好きでございます。
そんなえがしら先生の冬の絵本。

DSCN7715.jpg
あっちゃんは風邪をひいて熱が出てしまいました。
熱いので氷が食べたくなって、冷凍庫を開けると、何といつか作ったゆきだるまのウサギが冷凍庫から出てきます。
「あっちゃん!!会いたかった!」

DSCN7716.jpg
二人は冷凍庫の中の銀世界で遊びます。
風邪をひいているあっちゃん、一面の雪景色。
だけど、凄く暖かく感じるのはえがしら先生の絵が暖かいからでしょうね。
真っ白な世界で遊ぶ二人。たくさんのゆきの御馳走を食べて、気が付くと外はベッドの上。すっかりお熱も下がっていましたよ。

雪の世界は真っ白で寒々しいのかも知れませんが、そこに人のぬくもりがあればとっても暖かい世界になるのです。
今日はそんな絵本二冊でした。

今週末も雪予報。さて、皆さんはどう過ごされますか?

ではまた~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2019.02.12 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top