FC2ブログ
六月に入り、暑かったり寒かったりしている青森です。気温差が日によって激しい.....

DSCF0543.jpg
「ヨハンナの電車のたび」カトリーン シェーラー (著),松永 美穂 (翻訳)
絵本を読んでいるあなたは絵描きさん。ある日、電車とブタの絵を描いてると、ブタがあなたに語りかけてきます。
「ねえねえ、絵かきさん、この電車はどこへいくの?」
この子の名前は...これも途中で付けて貰うんですが、ヨハンナ。服を着せて貰ったり、友達を探したり、迷子のクマさんを助けたり....大冒険ですよ。^^
設定が設定だけに、小さい子には多分難しいでしょう。うちだと小3の姫向けって感じ。勿論、坊主君たちは純粋に絵本の世界を楽しんじゃいますけどね。

DSCF0511.jpg
「魔法のしろくま」タオ・ニュウ
子供達が種をまきます。すると育ったのは何とクマ!!これだけでもびっくりなのに、さらにクマさん、魔法使いなんです。くまさんの帽子からは猿、ライオン、魚.....次から次へと出てくるんですよ!!
この絵本、言葉がありません。ただ見て、その不思議な世界を楽しむのです。こういうのは、空想が広がって良いな~~って感じます。子供達と一緒に、お話を作ったり、絵を見て新しい何かを発見したり。う~~ん、やっぱ絵本っていい!!

DSCF0757.jpg
「四角いクラゲの子」作: 今江 祥智 絵: 石井 聖岳
たくさんの仲間と一緒に生まれたユラはくらげの子。みんな丸いのに何故か一人(一匹?)だけ真四角!!!
見た目が違うユラはいつも仲間はずれ。一人寂しく海を漂って、お月様に祈ります。何とも切ないお話なんですけど、祈り続けたユラの祈りがお月様に届いて.....
あっと驚くラストシーン。「え!!!??これで終わり!!!???」って感じ(笑
いい話で、救いもあって、見た目で判断しちゃだめだって話でもあって..う~~ん、いいんですけど、感想はやっぱり「え!!?終わり!!??」って感じでした(笑

珍しく、もう借りないかな~って。。。。

感想は人ぞれぞれ。いいお話ではあるので、是非ご一読を。

ではまた~~
スポンサーサイト



2015.06.05 Fri l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/15-b9ace29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)