FC2ブログ
週末は八戸市にある「はっち」に出かけていました。青森県南地域の子育てファミリーには有名ですが、この中にある「こどもはっち」と言うスペースが楽しいんですよ。


屋内全部木。木のぬくもりを感じながら遊べます。

DSCF0829.jpg
こちらドールハウス。他にも木製のパズルとかカプラとかコマとかけん玉とか....大人も夢中になって遊べる施設。詳細はこちらで。

さて、絵本です。
そんなこどもはっちには絵本コーナーがあります。青森が誇る絵本作家、馬場のぼる氏の作品は全部二冊づrつくらい蔵書されていたと思いますし、小さな図書館の絵本コーナーに負けてないんですよ。

そんな中に、大型絵本も自由に読んでいいコーナーがありましたので、せっかくだから大型絵本を読んでみました^^

DSCF0835.jpg
「はらぺこあおむし」エリックカール もりひさし
余りにも有名...って言うか、我が家にもあるんですけど、やっぱり読みたいらしい。その上、歌いたいらしい(笑
パパが普通に読んでるのに、勝手に歌う子供達。でも、あの歌って、世間ではそんなに流行ってるわけではないのかな?周囲からは「何だこの子たち?」みたいな目で見られてました~(笑←煩かった訳ではないです。) ちなみに、歌ってこれ(youtube)。うちの三人、完璧に歌います(笑

DSCF0836_20150615165857c8c.jpg
「ちいさなきいろいかさ」作: もり ひさし 絵: 西巻 茅子
この本、何度読んだかわからないんですけど、小姫が大好きなんですよね。って事でまた読む。パパは 西巻 茅子さんの絵が好きなんですが、期せずして作者ははらぺこあおむし訳者のもりひさしさん。へぇ~~~。(←今気付いた)
女の子が持っている小さな黄色い傘。森の中で出会う動物たちを入れてあげたいけれど、傘は余りにも小さくて....でも!
『癒される』って言葉がぴったり。あったかほんわかする絵本なのです。

DSCF0839.jpg
「せんろはつづく」作:竹下文子 絵:鈴木まもる
このご夫妻の描く乗り物のシリーズはいいですよね~~。何とも暖かい。そして「乗り物」のパワフルさが伝わってきます。この絵本だと、「鉄道」ってなんだろう。誰かが作った線路が伸びて行って、そしてどこまでも続いていく。線路の広がる鉄道の旅は世界への入口、第一歩。そんな気分になれます。

DSCF0840.jpg
みんなで作る線路。さあ、川があった、どうする?山があった!どうしよう!!
線路がつながった時、子供達の目の前に世界が広がって行きます。

そして、大型絵本を二人に読み聞かせていると、周りに見知らぬ親子の人だかり(笑
いやいや、私、別にボランティアでも何でもないんですけど....^^;

ではまた~~

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2015.06.15 Mon l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/17-fd142ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)