FC2ブログ
前回の更新時に「青森は今日から夏休みで~す」って書いてたのですが、もうすでに青森は二学期がスタートしています。。。。(苦笑
今年は夏休みらしいこと少なかったな~って思うのですが、それなりに出かけたりはしたので、まぁいいかな。


お出かけした中の一つに「津軽こけし館」って場所があります。
黒石市にあるのですが、東北各地のこけし工人さんによる作品4,000本が展示されているすごい場所。かわいいこけしの販売もされてますから、お近くにお越しの際はぜひどうぞ。写真は日本一のジャンボこけし。これだけでも見応えがありますよ!

で、せっかくこけしをたくさん見ましたので、こんな絵本を読んでみました。

DSCN7koke285.jpg
「どこどこ こけし」山田マチ 作 花山かずみ 絵

2019年3月に発売になったばかりの新刊です。

DSCkokeN7286.jpg
棚の上のこけし。この子が行方不明になります。「どこどこ? こけし」。

DSCkokeN7287.jpg
「あっ」

何故そんな場所に.....(笑

「金魚が逃げた」とか「うずらくんのかくれんぼ」と同様に、小さい子が探して楽しめる絵本なんですが.....
隠れ方が良い意味で意味わかんない(笑)
そして隅々まで細かく描かれているので、じっくり描写を見て楽しむことができます。小学生でも普通に楽しめちゃいますよ。大人でも楽しいですから。

さて、もう一冊。

夏休みの初日に、岩手県滝沢市の「滝沢森林公園」って場所に遊びに行ったんですね。野生の鳥を見て、自然散策を先生に連れて行っていただいて.....
そこの森には国鳥の「オオムラサキ」がいるのです。残念ながら私たちは会えませんでしたが、子供たちはそれだけで大興奮ですから。

そんなわけで、オオムラサキの絵本。

DSCN72kiri83.jpg
丘のうえのいっぽんの木に」今森光彦
これも2019年7月に出たばかりの新刊です。

作者の今村光彦さんは、絵本作家ではなく、世界をまたにかける主に昆虫写真家さん。そして、もう一つの顔として、切り絵作家さんです。

DSCNkirie7284.jpg
この絵本(切り絵本)では、黒い紙だけで一本のエノキの木に住むたくさんの生き物たちを描いています。主役は、春に動き出した、オオムラサキの幼虫です。

敵から逃げ、さなぎになって蝶になって.....

巻末にはオオムラサキの写真と解説が出ていますよ!

ではまた~~~(一か月後?(笑))

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2019.08.27 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

Re: まどか様
たまたまですよ(^^
新刊コーナーにあったので。

でも、探すときはネットで「こんなのないかな」って検索して、図書館に蔵書があるかどうか確認して、あれば予約します^^
便利な世の中になりました。
2019.09.03 Tue l ばひゅっと2. URL l 編集
絵本見つけられるジェイドさん凄いなあ。
2019.08.27 Tue l まどか. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/174-0a2cda4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)