FC2ブログ

「できたよ、ぼくたちのねぷた」鈴木喜代春 作、ヤマウチシュウコウ 絵

今日の絵本は番外編。青森県民ならではの絵本のご紹介です(^^
今週末の八戸三社大祭を筆頭に、来週は青森市のねぶた祭り、弘前のねぷたまつり、五所川原市の立佞武多など、県内、お祭りウィークです。青森の熱くて切なくて短い夏。あっという間の一週間が始まります。

そんな青森の「お祭り」「ねぶた」「ねぷた」と言うと、全国的に有名なのは、上記のお祭りくらいでしょうか。でもね、実際には違うんです。私の住む三沢市は太平洋側なので関係ないですが(笑)、日本海側一円、所謂『津軽』では殆どの市町村で「町内」単位でねぷた、ねぷたを持っていて、観光客なんて誰もいない、町単位でのお祭りを実施してるんですよ。

この絵本で紹介されているのは、田んぼアートで有名な「田舎館村」に実在する光田寺保育園で2013年に実際にあったお話。

この保育園の園児たちは、田植えやリンゴの授粉作業を手伝うなど、豊かな自然の中で、伸び伸びと暮らしています。でも、この保育園には「ねぷた」がありません。他の保育園にはねぷたがあるのに.....

DSCF1419.jpg
「田舎館村の他の保育園はねぷたを持っているのです」
.........アンビリバボーーー(笑

勿論、そんな大きなのじゃなくて、保育園児が引っ張れるような小さなねぷたですけどね。それにしたって、制作にはお金も時間もそれなりにかかる訳で....それを何?町内の保育園が各一台持ってる???信じられません。。。
さて、「ぼくたちもねぷたが欲しい!」そんな子供達の願いを聞いた、周囲の大人たちの強力でこの保育園にも無事にねぷたが完成します。残念ながら、予定日には雨が降ってしまいましたが、秋になって、無事にねぷた運行が出来るまでを描いた作品です。

作者は田舎館村出身の元小中学校の教員だったかた。作画は弘前のねぷた絵師さんで、このねぷたの絵を描かれた方なんだそうです。

1008_01.jpg
当時の津軽新報に、このねぷたの初運行の様子が掲載されていました。あったかい写真ですよね。ご父兄の皆様の大きなサポートがあっただろう事は想像に難くない。

やっぱり....ねぷたって、『愛』なんだよなぁ~~って感じる絵本でした!

ではまた~

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



おまけ。
田舎館のねぷたは見に行った事がありませんので、近隣市町村のねぷた祭りの運行の様子を

img_2.jpg
黒石ねぷた 
台数だけなら弘前に負けません!ヤーレヤーレヤーの掛け声もかっこいい。「こみせ」と呼ばれる古い町並みを通るねぷたは圧巻です。

img_1.jpg
板柳りんごねぷた
この町でねぷたをやってる事を知ってる人は県民でも少ないと思います。こういう町の子ども達主体のねぷたの方がゆっくり眺められたりもするんですよね~~。

さて、お祭りウィーク!
燃え上がれ、青森!
スポンサーサイト



2015.07.27 Mon l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

愛さま
青森市近郊の人形型の物を「ねぶた」、弘前や津軽方面の扇形の物を「ねぷた」と呼ぶような気もしますが、一概にそうとも言い切れない感じです。って言うか、青森県民でなければ、津軽だ南部だって言われてもわからないですよね(笑

有名なお祭りは企業主体の大きなねぶたを出して来て、物凄い迫力です。一方で、小さな町の小さなねぷたは子供達主体で楽しまれていると思います。それが「祭」本来の姿なのかな~って感じます。

この本、作者も絵師さんも初の絵本と言う事なのですが、伝えたい事がひしひしと伝わってきます。あったかいんだから~~~ぁって感じです~
2015.07.28 Tue l ばひゅっと2. URL l 編集
No title
ね「ぷ」た、ともいうのですね!
ねぶた、としか聞いたことがありませんでした^^
子どもたちのお祭りとしても楽しめるなんてステキ!こういった経験は、いつになっても忘れないですもんね♪

子どもたちと一緒に楽しもうとしている大人たちの表情も、あったかいんですよね^^

迫力がありますね~!
やっぱりお祭りっていいな。みんなが「楽しもう」としている気持ちが好きです♪
2015.07.27 Mon l 愛. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/25-a84896dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)