FC2ブログ
春です。
この拙いブログも開設から早1年が経過しました。皆様、いつもご訪問ありがとうございます。
今年も気楽~~に更新していきますので宜しくお願い致します(笑

さて、春ですって書いたものの、まだまだ肌寒いのが青森県。タイヤ交換もまだ迷いながら、ですからね。

そんな訳で(?)春が来たよ!って教えてくれる絵本のご紹介です。

DSCF5721.jpg
「はるですよ ふくろうおばさん」作・絵: 長 新太
ご存知、長新太先生。この絵本も行っちゃってます、いい意味で。

DSCF5722.jpg
寒がりのふくろうおばさん。手編みのセーターを着ています。
でも、寒いので、木の穴に潜り込みます。でも寒い。そこで、木にセーターを着せちゃいます。
でも、まだ寒い。そこで、隣の木も含めて大きなセーターを編んでしまいます。
でも、まだまだ寒い。そして森全体がすっぽり入るくらいの大きな大きなセーターを....

ところが、みんなはそれじゃあ...暑い!!!
しかも、知らない間に季節が春になってました~~。

DSCF5723.jpg
と言う訳でみんな暑くなって山から逃げ出しました(笑
季節の変わり目、風邪をひきやすいので注意も必要ですが、すっかり春になったなら、それにはちゃんと気が付かなくっちゃですね!

さて、もう一つ。

DSCF5903.jpg
「はるがきた」作: ジーン・ジオン 絵: マーガレット・ブロイ・グレアム 訳: こみや ゆう

DSCF5904.jpg
上の絵本の真っ赤な世界観とは裏腹に。こちらの絵本はモノクロームな世界から始まります。
白黒絵本じゃないですよ。カラーだけど、モノクローム。何故?それは春が来ないから。
みんな、春が来るのを待っているのですが、右下の男の子。楽しそうでしょ?彼が素敵な事を思いつきます。「待ってなくでもいいじゃないか!」

DSCF5905.jpg
翌日、市長の宣言でみんなが春を迎えます。方法は、町中に絵を描く事!!
モノクロームだった世界が、みんなの力で「色」付いていきます。まるで本物の春がきたみたい!!!

世界を自分たちの力で変える!そんな力強さを感じます。
ところが、夜に大雨が降って、みんなの絵は全て流されてしまいます。そしてまたモノクロームな世界に.....だけど.....

最後には『春』が来ます。

原作の二人は、「どろんこハリー」で有名なコンビです。この絵本、アメリカでは1956年に刊行されていたのですが、原画もなく、日本国内では販売されていなかったものを、翻訳者の小宮由さんが原書を集め、それをスキャンして絵本化したのだそうです。そして2011年2月に国内で販売となりました。
販売直後に震災が訪れ、この本の内容が「元気をくれる!」と話題になって重版されたそうです。その辺の話が主婦の友社のHPに出てました

アメリカでの原著の発売から50年を経て日本で復活した絵本。そんなのもあるんですね~~。
震災に絡めると言うよりは、純粋に春を待ちわびる人々の気持ちが伝わる絵本でした。


ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2016.04.05 Tue l 絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/68-08b9f91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)