FC2ブログ
あっという間に気が付けば7月。
7月と言えば....

七夕です。
こちら、東北では「旧暦」でやりますから、我が三沢市でも七夕祭りは今月末なのですが、学校や幼稚園の行事的には世間に合わせて7/7を七夕とします。そんな訳で、七夕の本。


たなばたものがたり (行事の由来えほん) 作: 舟崎 克彦 絵: 二俣 英五郎

あまり借りないんですが、こう言う昔ながらの伝統的なお話しってのはたまにちゃんと借りてあげた方が良いと思っています。記事にしてませんが、先日は「うらしま太郎」も読んでみました。ちょうどCMで「三太郎」が流行ってますからこの機会にそんなのもいいと思います。

で、七夕様。もとは中国のお話に由来しますね。

DSCF8036.jpg
天帝は娘の織姫に婿を紹介します。二人は美男美女。あっという間に恋におち、お父さんの前でもこのイチャツキっぷり。天帝、ちょっと悲しそうって言うか何というか。

DSCF8037.jpg
で、この表情(笑
すっかりラブラブで仕事しなくなった二人。牛飼いの牛は病気になるし、織姫は機織りをしない。天帝の服もボロボロに。

怒った天帝は「お前ら、もう会わせない!」と二人を引き離します。すると....

DSCF8038.jpg
ますます仕事しない二人。機織り機もボロボロ、牛は死にそう。なんだこの二人(笑

仕方ないので「一年に一度だけ会わせてあげるから、仕事して下さい」となったのでした。
そんなお話。
ロマンチックって言うか切ないって言うか、何だこの二人、みたいな(笑

でも、これが七夕様のお話し。綺麗な絵とともにわかりやすく描かれていました。大人もしっかりとは覚えてないですからね。
さて、今年はどんな七夕様になりますかね^^

さて、今日はもう一冊。

DSCF8039.jpg
「路線バスしゅっぱつ!」鎌田 歩
友だちと一緒に路線バスにのって公園まで遊びにいくことにしたつばさくん。初めて子供だけでバスにのる つばさくんたちは無事に公園までたどりつけるかな?って絵本です。
乗り物絵本に定評のあるって言うか、素晴らしい絵本を描かれる鎌田先生。今回の絵本のバスは超写実的。

DSCF8041.jpg
車種はおそらくいすず・エルガ(PJ-LV234L1)、会社は国際興業の路線バスですね。つばさくんの乗るのは出発駅の車庫なので、運行前の点検から絵本では描かれています。

DSCF8042.jpg
ノンステップバスの仕組み、整理券を貰っての乗り方、降りるとき、走行中の注意、バスの機械の仕組みなど、実に細かく描かれています。ただの絵本じゃなく、図鑑的な役割が強い。そして、社会の教科書チックです。

乗り物好きの坊主くんに借りたつもりでしたが、とっても文字も多く、むしろ小学生向きでした。
うちの小学校では二年生でバス会社に見学に行きます。二学期になったら小姫が行くはずだから、その時期にもう一度借りてみようっと。

ではまた~~

ランキング参加中。ぽちっとね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2016.07.05 Tue l 絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

みやのこ様
コメントありがとうございます!
凄いですね!!車番まで同じ実車が存在してるのですか。てっきり、同様の車で実物は存在しないように描かれているのかと思っていました。でも、よく考えたら国際興業のバスなのはパッと見でわかりますし、車種まで特定されてるんですから、隠す必要はないですよね(笑

絵本作家さんって、写実的な方もメルヘンチックな方も、綿密な取材を基にして絵本を描かれているそうです。そこには作家さんの情熱もですが、バスの運行に関わる全ての人の思いが詰まっているような気がしますね。
2016.10.24 Mon l ばひゅっと2. URL l 編集
No title
はじめまして、
私は「路線バスしゅっぱつ!」のモデルとなってる国際興業バスが、実際に走ってる埼玉県さいたま市(もとの大宮市)に住んでるみやのこと申します。

さて、今年の初夏に武州・大宮駅前にある百貨店内にある書店で、たまたま絵本コーナーへ行ったら「市内を走る国際興業バスがモデルです」という表示札があり、画像にある「路線バスしゅっぱつ!」があったので、家の近くを走り、時折利用してる為に思わず買ってしまいました。

ところが、ヤボ用でたまたま川口市へ行ったさい、西川口の駅前にて何と絵本のモデルのバスと同じ車両番号の5215で、ナンバーが大宮200か18-03、さらには車種もいすゞエルガのノンステ車(参考に川口営業所の所属)と、絵本を買って以来、実車に会いたかったばかり故、デジカメで記録してしまいました。

そして、「路線バスしゅっぱつ!」の本の中に、実際わたしが撮ったバスの写真を入れてますけど、絵本のまちの雰囲気も実際の川口市の光景と似てるから、鎌田歩先生のココまで徹底した内容には、正直いって凄いなと思いました。

以上をもちまして、失礼します。
2016.10.22 Sat l みやのこ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijade.blog73.fc2.com/tb.php/80-130a0f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)